~南米・エクアドル~ 赤道という名のこの国にはアンデス山脈やガラパゴス諸島をはじめ手付かずの自然が広がり、民族衣装の女性たちがその魅力に花を添える。青年海外協力隊22年度1次隊田中鏡介活動ブログ!!


by tunetuneworld

強襲っ

昨夜はプレゼンの暗記に時間をとられ深夜の2時に就寝した.

いざ2限目のプレゼンが始まると暗記していたのは私だけでいらぬ努力だったかもしれないが,個人授業の先生は喜んでくれたので私もしてやったりだ.

昼からはインターネットをするために,家の近くのショッピングモールにみなで出掛けることに.
ここでは食事をとったり休憩などできるスペースでインターネットが可能だ.
しかし,とっても遅くいらいらしながらやりたいことの半分もできなかった.

このショッピングセンターに限らず喫茶店などネットができる店が他にも多くあるみたいで,早く行きつけの店を見つけ出したいものだ.

今私が住んでいるところは日本風に言えば,AZUAY県CUENCA市だ.
今夜クエンカの中央街で民族舞踊のお祭りがあるということで,3人とうちのママの4人でタクシーで向かった.
8時から始まるや否や最初の挨拶で「国外から来た人,前に出てきてください!」と司会が声を張り上げるので,戸惑う2人を半ば強引に連れて舞台の方へ行った.

すると出身を聞かれ写真も撮られて,またこのお祭りのテーマが背中に入ったTシャツをくれた.もしかしたらその写真が新聞を賑わすことになるのではと今わくわくしている.

そのTシャツをさっそく着てダンスを観賞することに.

このお祭りはいろんな地方からその土地の伝統的なお祭りを披露するというもので,華やかで美しく,それぞれの民族衣装や伝統・文化などが垣間見れたようでとても興奮しながら堪能した.

小学生くらいの子供も踊りに参加していた.

エクアドルの女の子は若くてもすごく色っぽく本当に美人が多い.
写真は私の1番のお気に入りのセニョリータだ.

d0165853_133356.jpg


特にそこに注目しながらの観賞になったことは言うまでもない.残念なことに途中から雨が降り出し粘ってはみたものの止む気配も無く,帰ることに.

そのとき会場の後方で企画の一部か勝手にしたかはわからないが,少年が花火や爆竹に点火し始め,それらが帰ろうとしていた私たちを襲った.

ママとフジコさんは足に,かおりさんは目に,僕は背中に全員にその爆竹か花火が直撃したのである.

幸いなことにかおりさんはメガネをしていたのでメガネに少し傷がはいった程度で済み,他も痛かったものの怪我には及ばず済んだ.

僕はというとほんと背中を思いっ切りグーパンチで殴られたかと思うほどの衝撃で,たぶん飛んできたものが大きかったんだと思う.

おかげで2年間付き合うつもりのお気に入りの青のノースフェイスのジャッケットに穴が開いてしまった.


日本だったら即中止となり得る出来事だが貴重な体験ができ,この穴を見る度に思い出せそうだ.
[PR]
by tunetuneworld | 2010-07-09 21:20 | 語学研修@クエンカ