~南米・エクアドル~ 赤道という名のこの国にはアンデス山脈やガラパゴス諸島をはじめ手付かずの自然が広がり、民族衣装の女性たちがその魅力に花を添える。青年海外協力隊22年度1次隊田中鏡介活動ブログ!!


by tunetuneworld

部会にて・・・

今日は部会だ~ということで,一人暮らしをしている先輩の家に一旦集合する.
若干1名足らなかったが,日本のカレーを作って食べた.
久しぶりに食べる大好物の日本のカレーはめちゃめちゃうまかった.

ここの家には他にも日本の食べ物がたくさんあり,少し懐かしいような安心するような.
先輩が帰国するまでの残り半年,何度かお邪魔させていただくことになるだろう.

そのあと2時頃だろうか,連絡所にむかい,そこで足らなかった1名とも合流し,部会会議を始める.
約3時間話し合った結果,なんとか方針は決まった.

11月6日にマカスというところで開催される農業祭りにブースの一角を借り農業部会3人でプレゼンを行う.
初めての催しもので今から楽しみだ.

夕食は部会メンバーと明日帰国するという元農林部会のSV(シニアボランティア)の方々とご一緒させていただいた.
そのなかには奥さんを連れて来られている方がいて,一緒にエクアドルで暮らしていたという(SVなら可能).奥さん孝行で素敵な旦那さんだ.
なんか凄い憧れる.
将来自分もそんな経験をしてみたい.今度は愛する家内を連れてまた世界で働いてみたいと思った.

連絡所に戻り部会で決まったプレゼンの目玉であるバター作りとじゃがバター作りの試作をしてみることに.

生クリームと牛乳をペットボトルに入れひたすら振る.
するとどうだろうだんだんバターっぽいのが出来てきた.これにはちょっと感動.
湯がいたジャガイモに付けて食べた.
結果は生クリームの比率が多いほうがおいしい.でもマカスでは牛の家畜が盛んなので牛乳を使わない訳にはいかない.9:1くらいが無難かな.
そのあと先輩がベッコウ飴を作ると言い出し,ヒーターに耐熱皿を迷いも無くあてがい砂糖を炒り始める.
それはまずいんじゃない?と思ったが自信満々に調理を続ける先輩にそれを言うことはできなかった.
数分後,案の定“パーン”という音とともに耐熱皿が無数の欠片となりそこらじゅうに弾けた.
まだ熱を発し続けるヒーターの上にはガラスなのかベッコウ飴なのかどちらかわからないものがあった.
幸い誰にも怪我は無かったが,額に汗を光らし焦る先輩をよそ目に僕は爆笑!

みんなで掃除をしたあと,その先輩はミスを取り返そうと今度は鍋でベッコウ飴にリベンジし出す.
「鍋は熱が伝わりにくいなぁ」なんて耐熱皿と耐熱皿を選んだ自分の肩を持つような発言に私はまた爆笑.

先輩,ヒーターから離してたらそら伝わる熱も伝わらんでしょ.リベンジに焦っていた先輩は鍋を傾けヒーターから離していただけだった.
門限の11時が近づいてきたのでお先に失礼させていただいた.
あーウケタウケタ.
[PR]
by tunetuneworld | 2010-09-18 23:56 | 土日