~南米・エクアドル~ 赤道という名のこの国にはアンデス山脈やガラパゴス諸島をはじめ手付かずの自然が広がり、民族衣装の女性たちがその魅力に花を添える。青年海外協力隊22年度1次隊田中鏡介活動ブログ!!


by tunetuneworld

カテゴリ:エクアドル( 10 )

マラソン!

6月ころから,パパ,ママの影響でマラソンを始めました.

人生初めての大会出場はここキト市内の15kmコース.
キトは標高2,800mもあるので,よけいしんどいんです.

それに向けて,ボチボチトレーニングもしてみました.

高めのシューズを買ってしまったせいか,マラソン嫌いの私にしてはずいぶん続いています.

その初大会の結果は,15kmを1時間25分♪
もう大満足です.
最後の5kmは辛かった・・・

その後も,気が向いてはカロリー公園でトレーニングしてました.

そして2回目の大会.
申し込んでは無いものの,勝手に参加しちゃいました.
今回の大会は,夜に世界遺産であるキトの旧市街地を走るというもの!
普段は夜の旧市街地は危険なのでなかなか行けないのでチャンス!
教会も大会に合わせてライトアップされていたのでビューティホー!
てことで参加を決意!
写真は出発前にMr.Bagel前にて記念撮影.
d0165853_1018164.jpg

パパ,ママ,息子や親戚の子,あとMr.Bagelの従業員達です.

時間は正確ではないが10kmを56分.
40分代で行きたかった!

てなわけでこれからもちょくちょく走っていきます!!
[PR]
by tunetuneworld | 2011-08-27 20:14 | エクアドル

中間報告会

任期がちょうど1年経ったところで,ボランティアは”中間報告会”と言ってホテルのPHを貸し切り、
JICA関係者やエクアドル大使,ボランティアの配属先の方々をお呼びし、活動の進展具合などを発表します.
もちろんスペイン語で!

私は、この日のトップバッターでした.
前から練習してたので,台本なしでできたのがよかったです.
d0165853_11261774.jpg

会場には,50人くらいいたかな?

発表後には,各配属先の代表からコメントを頂くのですが,
FONAGの代表で来てくれたナンシーから素敵な言葉も頂けました.


中間報告会が終われば時間が経つのが早いとよく言いますが、
気引き締めてやっていこうと思います!
[PR]
by tunetuneworld | 2011-08-19 11:19 | エクアドル

活動風景

小学校への巡回クラス風景♪
d0165853_830190.jpg


みんなおれの頭に気取られずちゃんと聴いてくれたかな~?
[PR]
by tunetuneworld | 2011-05-20 09:26 | エクアドル

同期来エ!

ベネズエラで活動中のボランティアの同期が任国外旅行でエクアドルにやってきました.

d0165853_0313785.jpg


赤道記念碑何回目やろw
[PR]
by tunetuneworld | 2011-04-24 18:29 | エクアドル

サッカー観戦!

人生初のサッカー観戦!

クラブチームの大会「コパ・リベルタドール」でエクアドル対アルゼンチンの試合.

ホームのキトであってアルゼンチンサポーターはほんの一握り程度.

また野次がすごいのなんの.

スポーツマンシップに則ってきた我がスポーツ人生には無いダーティーな感じがまた新鮮だった.

このときはエクアドルが2-0で勝ったんかな.

むっちゃ興奮したー

日本代表の試合とかもし行ったら、盛り上がり半端じゃ無さそう・・・

この日を境によくスタジアムに足を運ぶようになりました!
d0165853_1313955.jpg

[PR]
by tunetuneworld | 2011-04-12 12:51 | エクアドル

Hideyo Noguchi 小学校

エクアドルには日本の支援の下,建てられた学校がいくつもあります.

日本国旗が壁に描かれた小学校の前を通るたび,少し誇らしい気分にもなったりします.

私の配属先であるFONAGが環境教育の授業のために訪れる小学校の中にも日本国旗が描かれている小学校があり皆様に紹介したいと思います.

小学校の名前はなんと!「Hideyo Noguchi」なんですね~

そう,千円札の野口英世先生から来ています.

彼は,エクアドルでも多大な功績を残されており,エクアドルで知らない人はいません!!
・・・なんてことは残念ながらありません.
むしろほとんど知りませんw

ここの小学校の子供達に聞いても日本人であることも知りませんでした.
日本国旗が壁に描かれているにもかかわらず.
先生,そこしっかり教えようよw

またここの小学校は,以前の男女別システムが未だに残っており,女の子だけの小学校なんですね.
だからという訳じゃありませんが,この小学校は大好きな小学校の1つです。
d0165853_12133197.jpg

写真では人間ピラミッドをやらせてみましたw
中でもお気に入りは左から2番目のフルーツ(たぶんグラナリージャ)を持ったマリア・フェルナンダちゃんですw
[PR]
by tunetuneworld | 2011-03-16 23:03 | エクアドル

CMロケ

キトで街を歩いているとスカウトされて2泊3日でCM撮影に行ってきました.

CMはYou tubeでご覧いただけます.

CM撮影の様子.
d0165853_115139.jpg


CM撮影のために召集されたアジア人と最期に記念撮影.
d0165853_0472858.jpg

[PR]
by tunetuneworld | 2011-03-12 01:20 | エクアドル

オタバロ族とキチュア語

出不精の私が初めてぶらりと一人旅でやってきたのが,キトからバスで3時間くらいのオタバロの町.
ここオタバロでは毎週土曜にオタバロ市というお土産屋さんの出店とそれ目当てにやってくる観光客で賑わう.

しかし,ここに着くまでにも一悶着あったんだ…

オタバロ行きのバスが途中で故障.これはさほど珍しくない.
故障したポイントで同じ会社の後続車に少しずつ乗っていこうということになる.
しばらく待って後続車に乗り込むことに成功したのだが,

バス料金を払えと言う・・・

キョウスケ「いやいやいや,1台目のバスで払ったやんおれ?」

従業員「このバスは払ってないだろ?」

キョウスケ「故障はおまえたちの責任だろうが?それに同じ会社だろ?」

従業員「ここではこういうときは払うんだよ.」

キョウスケ「もってけドロボー!」

そうですまさかの2重徴収.
この夜,パパに聞いてみるとここでは本当に払うらしい.
アメリカではどうなんだ?と聞くと,「アメリカではまずバスは故障しないよ!」

そのとおりだ.


気を取り直してオタバロ市を練り歩く.
キチュア語を少し勉強してるので,買い物も値段交渉もキチュア語でする.

“レバハシュクパイ” これは安くしてーんと言う意味.

ちょっとした世間話もキチュア語でどうにかできた.

キチュア語で話しかけるとみんな喜ぶので,僕もそれが嬉しい.
キチュア語を学んでいる目的はこういうことがしたかったからだ.

商売で成功している民族として世界的にも有名らしいオタバロ族.
その能力もさることながらその人柄に私は魅力を感じる.
d0165853_282329.jpg

[PR]
by tunetuneworld | 2011-02-26 16:52 | エクアドル

浪費!!

オリエンテーションのため9時半ころ事務所へ向け連絡所を後にする.

昨日ゼロックスに頼んでおいたハンドブックのコピーをとりに途中寄り道をした.
2冊で10$以上して痛い出費となった.10$といえば日本円で千円くらいでそんなに高くないと思われる方もいると思うが,ここでは平均月収350$くらいなのです.



この日の昼食は歩いて15分くらいのショッピングモールでパスタやピザを食べた.昨日に次いでここもとても高くこれからは節約をしようと誓った.


オリエンテーションを終え,帰りにスーパーにより食材を買って今日は自分たちで作ることにした.私のポジションは誰が言うでも無く洗い物担当になった.地元のビールも頂き,気分良くこの日を終えた.
[PR]
by tunetuneworld | 2010-06-23 21:25 | エクアドル

鏡介がゆく!!

日本時間6月21日午前7時30分頃母親と祖父に見送られ高知龍馬空港を出発した.祖父は今年88歳の米寿を迎えたのだが,「2年後鏡介が帰る頃まではよぅ生きちょれん.お母さんを大事にね.」と言ったので僕は「心配せんでも生きちゅうわえ」と返した.

8時30分頃羽田に到着.そこから京成本線にて成田国際空港まで向かう.何回かの乗り換えミスを経てようやく到着.この日は22年度1次隊の最初の出国日であり,すでに多くのJOCV達が日本を後にしている.

空港では出発時刻の近い同志達やご家族,恋人たちが見送りに来ていた.中には佐賀から家族で成田まで見送りに来ていた方もいて驚いた.その方たちと別れを惜しんだ後出発ロビーに向かった.海外へは初めてなのでちょっとした手続きにも敏感に反応してしまう.
我々エクアドル隊が乗る飛行機は他にベネズエラ隊,ニカラグア隊,コロンビア隊,パナマ隊などがいて総勢30名ほどのJOCVがいた.

そして15時55分のコンチネンタル空港006便に乗り出発.一同ヒューストンへ向かう.シートはとても狭くとても苦労した.隣のアメリカ人とはつたない英語でしゃべるのが精一杯だった.「Fish or Chiken?」の返答にもいささか時間をいただいた.またCAの対応も日本とは全く異なりそっけないように見えたが私は嫌いではないなと思った.窮屈なシートでも映画や音楽を楽しくことができなんとか12時間のフライトを終えることができた.ちなみに席が窓際だったこともあり,1度しか行かなかった.ヒューストンが近くなり飛行機から人生で初めての生外国を見ることができた.

印象としては,
①日本のように道がカクカクしていない
②小さい山がなく一面平野
③人工池やため池がほとんど無い
④カラフルな車が多い(特に赤が目立つ)
⑤家々の間に塀が無く,代わりに木を植えており開放感が感じられる


ヒューストン時間の午後2時くらいに空港に着き,はじめて異国の地に立つ.周りは外国人だらけで匂いもちょっと違う.そこで他の隊の人たちと別れ,ついにエクアドル隊の3人のみになってしまい寂しさが纏わりつく.

キト行きの飛行機まで3時間ほどあったので3人でお茶をしに行く.最後の機内食を寝過ごした私はピザとトロピカーナを食べた.

d0165853_771640.jpg


そして歯を磨くなどして身支度をし,そろそろというときベネズエラ隊の3人が見送りにきてくれた.そしてこれが最後のお別れとなった.

キト行きの飛行機は午後5時45分出発で,シートは先ほどのものより若干広めで3人とも隣なので気を使うことも無かったせいか,結構寝ていたように思う.

このフライトは5時間10分の予定だったが遅れて夜の12時前にキトについた.しかしそこには入国審査を待つ人々の大行列.疲労もピークでかつ重い荷物のせいで口数も少なく1時間待ってようやく審査をパスできた.そこに調整員の方々が迎えにきてくれていた.

荷物を空港から貸切バスに運ぶときエクアドル人から話しかけられても無視してくださいと注意を受けたが,そのとおり勝手にスーツケースを運んでお金を取る人がフジコさんに寄ってきたが調整員の方が制してくれた.到着して早々異国の恐ろしさを目の当たりにした.

そして15分ほどバスで行ったところにある連絡所に着きオリエンテーションを受けた.そこで明日の持ってくるものの中のハンドブック2種類を日本に置いてきてしまい,いきなり調整員の方を怒らせてしまった.とても厳しく怒られた.ここに最悪のスタートを切ってしまったわけだ.

気を取り直して連絡所の冷蔵庫にあったエクアドルビールで乾杯をし、その日を終えた.3時間後には起きなくちゃならないが…

[PR]
by tunetuneworld | 2010-06-22 22:44 | エクアドル